お勧め不動産・建築系の資格・通信講座|スクール紹介

管理業務主任者:資格情報

管理業務主任者

管理業務主任者の資格と聞いてピンと来る方は、
そんなに多くは無いかもしれません。
では、管理業務主任者の資格とは何でしょうか?

 

管理業務主任者とは、マンションの委託契約に関する重要事項
や管理事務の報告を行うために設けられた、国家資格です。

 

そして、マンション管理会社は国土交通省へ登録する際、
30管理組合に1人以上の管理業務主任者を専任し、
届け出る必要があります。
マンション管理業会社にとっては、必須の資格という事です。

 

しかも、マンション管理士同様に国家資格なので、
不動産・建築業界への就職・転職の際や、
勤務先での昇進・昇給における、大きなアピールポイントになりうる資格です。

 

また、マンション管理士・宅地建物取引士・行政書士・司法書士など、
他の資格と組み合わせる事で、活躍の場もさらに広がります。


管理業務主任者/資格の特徴

管理業務主任者の資格には、下記のような特徴があります。

 

  • 年齢/性別/学歴/実務経験の制限無しに受験が可能
  • 全国で通用する国家資格として、ニーズは高く比較的安定した求人がある
  • 国家資格でもあり難易度も高く、不動産・建築業界への就職・転職に有利
  • 有資格者として、勤務先での昇進・昇給における大きなアピールポイント
  • さらなるステップアップを目指し、他の不動産関連資格取得にも有利

管理業務主任者/仕事内容

管理業務主任者は、例として下記のような業務を行っています。

 

  • 管理受託契約の重要事項の説明
  • 重要事項書面・委託契約書面に対しての記名捺印
  • 受託した管理業務の処理状況のチェックや報告
  • マンション管理のマネジメント業務

管理業務主任者:検定試験概要

下記が、管理業務主任者の検定試験概要になります。

 

受験資格年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
資格の種類国家資格
試験内容1.管理事務の委託契約に関すること

・民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」
を締結する観点から必要なもの)
・マンション標準管理委託契約書等
2.管理組合の会計の収入及び支出の調定
並びに出納に関すること
・簿記
・財務諸表論等
3.建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画
又は実施の調整に関すること
・建築物の構造及び概要
・建築物に使用されている主な材料の概要
・建築物の部位の名称等
・建築設備の概要
・建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令
(建築基準法、水道法等)
・建築物の劣化/修繕工事の内容及び

その実施の手続きに関する事項等
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律
・マンション管理適正化指針等
5.1から4に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること
・建物の区分所有等に関する法律
(管理規約・集会に関すること等
管理事務の実施を行うにつき必要なもの)

試験方法50問/マークシート方式(四肢択一)
合格率例年、20%前後

 

ユーキャンの通信講座
不動産・建築系資格