お勧め不動産・建築系の資格・通信講座|スクール紹介

電験三種:資格情報

電験三種

電験三種の資格は電気工事・保安に関する国家資格の
一つで、正式には、第三種電気主任技術者免状の事です。

 

第三種電気主任技術者は、電圧5万ボルト未満の事業用
電気工作物(出力 5千キロワット以上の発電所を除く)の
工事・維持及び運用の保安の監督を行うことができます。

 

つまり、電験三種の資格のある人でなければ、
工場や発電所・ビルなどで、電圧5万ボルト未満の
事業用電気工作物の工事や点検を行ってはいけないという事です。

 

どんなに簡単に思える作業でも、電気というものは目に見えないため
危険な作業になることも多く、電気工事士のような有資格者が立ち会う必要があるという事です。

 

オール電化の住宅・マンションが増え電力需要が増大している現在、
社会的には常に高いニーズがあり、社内での評価アップやキャリアアップ・転職にも
非常に有利な資格だとも言える資格です。


電験三種/資格の特徴

電験三種の資格には、下記のような特徴があります。

 

  • 年齢/性別/学歴/実務経験の制限無しに受験が可能
  • オール電化住宅等の普及などによる電気需要の増大でニーズも高い
  • 全国で通用する国家資格として、比較的安定した求人がある
  • 国家資格なので、不動産・建築業界やビル管理会社への就職・転職に有利
  • 有資格者のスペシャリストとして、年齢に関係なく収入も安定している
  • さらなるステップアップを目指し、他の電気関連資格取得にも有利
  • 実地経験を積み、他の資格との併用で、独立・自営の夢も広がる

電験三種:検定試験概要

下記が、電験三種の検定試験概要になります。

 

受験資格[筆記試験]

年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
(但し、高等学校の数学I、II、BおよびIIIの一部について
理解している、又は、復習すれば理解できることが必要)

資格の種類国家資格
試験内容(4科目/試験問題の約6割が計算問題)

・理論
電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
・電力
発電所及び変電所の設計及び運転、
送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計
及び運用並びに電気材料
・機械
電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、
電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス
並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
・法規
電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理

試験方法マークシート方式(五肢択一)

試験で使用できる電卓の規定有

科目別合格制度科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば

第三種電気主任技術者試験合格となります。
一部の科目だけ合格した場合には科目合格となり、
翌年度及び翌々年度の試験では申請により
その科目の試験が免除となります。
(3年間で4科目の試験に受かれば合格)

合格率60点〜65点以上が合格ラインと言われています

 

ユーキャンの通信講座
不動産・建築系資格